Illustratr入稿ガイド

Adobe Illustrator でデータを作成されるお客様は、
トラブルを避けるためにも、必ずこちらのページを参照してください。
Illustratorで入稿される場合は、以下の点にご注意ください。

色モードについて

色モードは必ずCMYKカラーにて作成してください。
手順:ファイルメニュー>ドキュメントのカラーモード>CMYKカラー〕

RGBモードで制作されたデータは、弊社でCMYKモードに変換しますが、その際に設定してある色の再現性が落ちる場合があります。上記手順により、CMYKモードで作成していただくようにお願いいたします。

>>カラーモードについての説明はこちら

特色について

特色印刷はできません

オンデマンド印刷は4色カラー印刷のため、特色印刷はできません。

Illustrator 等では、線や塗りに特色(DIC・スポットカラー)を指定することが可能ですが、特色が使用されているデータは全て当社でCMYKへ変換されます。

このCMYKへの変換の際に、予想外のカラーに入れ替わる・または一部が印刷されない等、不具合が発生する恐れがありますので、特色(DIC・スポットカラー)は指定しない・使用しないでください。
※当社では色の変換について確認できません。

注意 ご入稿前には、必ず、データ上に特色指定がないか、下記手順でご確認ください。

特色

フォントについて

対応フォントにつきましては、「対応フォント一覧表」に記載しているフォントでご対応いたします。
対応フォント一覧表にないフォントをお使いの場合は、必ずアウトライン化していただくようにお願いいたします。
(対応フォントをお使いの場合でも、万一を期してアウトライン化していただくほうが、より確実です)

手順:アウトラインしたい文字を全て選択>書式>アウトラインを作成〕



配置画像のサイズについて

Illustratorに配置する画像は、印刷原寸サイズで解像度350dpi以内にしてください。
Illustrator上で画像の大幅な縮小を行わないでください。かならずPhotoshopなどで、リサイズしてから配置してください。

なお、解像度を350dpi以上の画像を印刷した場合と、解像度350dpiで印刷した場合とを比べても、仕上がりは変わりません。
解像度350dpi以上で作成されてもデータ容量が大きくなるだけですので、ご遠慮下さい。

保存形式

保存形式は、「Adobe Illustrator」形式で保存していただければ問題ありません。(拡張子は、「.ai 」となります)

トンボ

データには、必ずトンボ(トリムマーク)を必ずつけるようにお願いいたします。
トンボ(トリムマーク)は 仕上がり断裁時、必要となります。

手順:フィルタ>クリエイト>トリムマーク〕

※デザインで、タチキリを行う場合、仕上がりサイズより3mmの塗り足し(※注1)を付けるようにしてください。

(※注1)仕上がり線いっぱいまで絵柄があるデータの場合、断裁時に白場(余白)が出ないように、仕上がり線より外へ3mm分、追加で絵柄を付けること。

ヘアラインについて

ヘアラインを設定する場合は、0.3pt以上の設定をお願いいたします。0.3pt以下の細線は、印刷時にかすれが生じる場合があります。

画像のリンク切れについて

配置画像をリンクで表示している場合は、画像ファイルも一緒にご入稿ください。
埋め込みの場合は、画像ファイルをご入稿いただかなくても結構です。

複数ページを作成の場合

(1)複数ページ(パンフレットなどの冊子)のデータを作成する場合、単ページでも、見開きでも結構です。
(2)ファイル名は分かりやすくページ数などの名前にしてください。
(3)各ページの画像ファイルを整理して、リンク切れのないよう事前に確認をお願いいたします。
(4)不要なデータ(アウトライン前のデータや印刷しないデータなど)を一緒に送らないようにご注意下さい。
(5)ページ番号(ノンブル)は、必ずお客様で付けていただくようにお願いいたします。

Adobe Illustratr データを ご入稿の前に、下記の点を確認してください。

全ての項目を必ずチェックしてください。
   
データは仕上がりサイズ原寸大で作成していますか?

塗り足しを含んだサイズで作成されていますか? 

切れては困る文字や図柄は、仕上がり位置から3mm以上内側にレイアウトしていますか?

トンボはついていますか?

カラーモードはCMYKですか?

画像のリンク切れはありませんか?リンクしている場合は画像ファイルも一緒にご入稿ください。 

配置画像は解像度300~350dpiですか?低解像度の場合は粗く印刷されます。 

フォントのアウトライン化はしましたか?

ドロップシャドウやぼかし等、「効果」を使用している場合はラスタライズ設定が必要です

塗りのパターンを使用する場合は、必ず「分割・拡張」処理を行ってください

極細線は印刷されない可能性がございます。

小さな文字や、細かなオブジェクトに、リッチブラックを使用されていませんか?
RGBモードで作成したデータを、途中でCMYKに変換した場合、黒色がリッチブラックになる場合がございます。

PAGE TOP