対応フォントについて

弊社のオンデマンド印刷で対応しているフォントを紹介します。

アウトライン(ラスタライズ)化が可能なソフト(Illustratr、Photoshop、PDFなど)でのご入稿の場合は、対応フォント以外のフォントでもアウトライン(ラスタライズ)化していただくことで、予期せぬトラブルを防ぐことができます。

下記以外のフォントでも、PDFに埋め込みができないフォントがございますので、ご注意くださいませ。

モリサワフォント

明朝体 リュウミンL、R、M、B、H、U
太ミンA101
見出ミンMA31 
ゴシック体 新ゴL、R、M、B、H、U
ゴシックMB101 B、H、U
中ゴシックBBB
太ゴB101
見出しゴMB31
丸ゴシック体 じゅん101、201、34、501
フォーク(MacOSXのみ) フォークR、M、B、H
筆書体 新正楷書CBSK1

ダイナフォント

ダイナフォントは、100書体使えます。(OpenType、Win・Mac両方可)

標準フォント

Windows、Macintoshに付属の標準フォントを使えます。

上記以外のフォントをお使いの場合は、必ずアウトライン化をお願い致します。

また、アウトライン(ラスタライズ)化が可能なソフト(Illustratr、 Photoshop、InDesgin、 PDFなど)でのご入稿の場合は、対応フォントでもアウトライン(ラスタライズ)化していただくことで、予期せぬトラブルを防ぐことができます。

印刷できないなどトラブルがおこる可能性があるフォント

富士ポップフォント 富士ポップフォントはPDFに埋め込むことができません。(エラーが発生し変換ができません)
この問題は、富士ポップフォントの仕様によるものです。また、富士ポップフォントは、ライセンスの制限により PDF ファイルに埋め込むことができません。

埋め込まれていない場合、印刷する際にもエラーが出る可能性がありますので、アウトライン化できない場合は富士ポップフォントは使用しないでください。

【解決方法】
アウトライン化できるソフトの場合は、必ずアウトライン化をする。
アウトライン化できない場合は、富士ポップのフォントを使用しない。

PAGE TOP