PowerPoint入稿ガイド

InDesign, PowerPoint, Word, Excel,Pages, Keynote, Numbers,これらのソフトのデータ形式でご入稿の場合は、弊社で変換後のデータを送付しますので、お客様にて校正(体裁の確認)をしていただく必要があります。

※Powerpoint はバージョン2010以降なら直接PDF形式で書き出し・保存が可能です。
お客様のお手間を減らし、納期を短縮する為にも、PDFに書き出してのご入稿をオススメします。

※Windows をご使用でPDF作成の方法がご不明な方は、下記をご参照ください。
※Mac OS をご使用の方は、[ファイル] から [保存]または[書き出し]で簡単にPDF作成 が可能です。


 PDF入稿ガイド【PDF形式への変換方法はコチラをクリック】

色味や画質・レイアウトなどの仕上がりを気にされるお客様は、Microsoft Officeソフトではなく
「Adobe Illustrator」「Photoshop」などの
印刷用データ作成ソフトのご使用をおススメします。

作成サイズの設定

★PowerPointでデータを作成する時は、まず作成サイズを設定してください。
ページ設定で、必ずユーザー設定を選び、サイズを手動で入力してください。

※2007: ファイル > ページ設定 > スライドのサイズ指定 > ユーザー設定 > 幅と高さを入力する〕
※2010: デザイン > ページ設定 > スライドのサイズ指定 > ユーザー設定 > 幅と高さを入力する〕
※2013: デザイン > スライドのサイズ > ユーザー設定のスライドサイズ > 幅と高さを入力する〕

※端まで絵柄があるレイアウトの場合は、周囲3ミリ塗り足しが必要となります。サイズを入力するときは、仕上がりサイズ+6mmのサイズ(名刺は+3mm)を入力して作成してください。

※塗り足しの部分は、切り落とされますので重要な絵柄や文字は端から余裕をもってレイアウトしてください。
透過性は0%にしてください。モニタ上では透過されて見えますが、印刷には反映されません。

スライドのサイズ指定に「A4 210×297mm」がありますが、これを選択しても幅と高さの数値がA4サイズではありませんので、必ず「ユーザー設定→手入力」で数値を設定してください。

特殊効果について

透過性(半透明)・透過性グラデーション・影等、特殊な効果を使うと、正常にデータ通りの印刷ができない上に、
デザインが崩れてしまう可能性がありますので、ご使用はお控えください。

■ 透過性をご使用された場合、下図のように網目やスジ模様で印刷される場合がございますので、
透過性はご使用はお控えください。


■ 影・ぼかし・透かし等の効果は印刷には不適切となっており、使用すると予期せぬ仕上がりになる場合がございますので、「影・ぼかし・透かし」の効果のご使用はお控えください。

■ ワードアート効果は印刷には不適切となっており、使用すると予期せぬ仕上がりになる場合がございますので、「ワードアート」のご使用はお控えください。

■ パターン効果は、画面上の見え方と実際の印刷での仕上がりが異なる場合がございます。
ご使用になる場合は予めご了承ください。

※他、こういった効果をご使用されている場合は、それにともなうトラブルもご納得頂いているものとし、印刷に進めさせていただきます。

【例】

※特に、パワーポイントのバージョンが2000~2004をご使用されている方は、透過性(半透明)効果を使用すると、
網目状に印刷されたり、効果自体が反映されない場合があります。

PowerPoint データを ご入稿の前に、下記の点を確認してください。

全ての項目を必ずチェックしてください。
   
作成方法とご注意点をご確認ください。

塗り足し3mmつけていますか?

切れては困る文字や図柄は、仕上がり位置から3mm以上内側にレイアウトしていますか?

配置画像は解像度300~350dpiありますか?低解像度の場合は粗く印刷されます。

カラーモードがRGBのデータですので、印刷の際は色が多少しずみます。予めご了承下さい。

■ ポスターのご注文でPowerPoint データをご入稿の場合は、レイアウト確認用のJPEGデータもご入稿ください。
■ PDFに書き出しが可能であれば、フォントを埋め込みにし、PDFファイルでご入稿ください。

PAGE TOP