新しい無線綴じ「PUR製本」について

新しい無線綴じ「PUR製本」について

PUR製本の導入のご挨拶

平素は当社ウェブサイトをご利用頂きありがとうございます。
当社では無線綴じ製本サービスを、従来のホットメルト製本からPUR製本に変更いたしました。

PUR製本は、ホットメルト製本と比較し強度・耐久性・開口性において格段に優れていると言われていますが、
コストと作業性に課題があるため、業界での利用は一部にとどまっているのが現状です。

当社ではお客様により良いものをご提供すべく検討を重ねた結果、
PUR製本を当社の標準無線綴じ製本にすることにいたしました。
また、性能がよくても価格が高くては意味がないと考え、価格も追加料金無しでご提供させていただきます。
今後とも当サイトをご愛顧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


西岡総合印刷株式会社
代表取締役 石橋英二

PUR製本の特徴(従来の無線綴じとの違い)

PUR製本とは?

PURとは、耐熱性に優れ、高い強度を持った新しい製本用の糊です。
このPUR糊を使うことで、一般的な製本よりも開きが良く、丈夫で長持ちする本が作れるようになりました。

学会印刷ドットコムでは、このPUR製本を採用し、従来より開きがよく、強い本をお届け致します。

従来(ホットメルト製本)のノド元の参考画像

今までの製本
今までの無線綴じ製本は、ノド元まで開くことが出来ずに、隠れていました。
見開き写真やページ数の多い冊子ではノド部分が見辛い問題点がありました。
PUR製本のノド元の参考画像

PUR製本
PUR製本では、従来の無線綴じよりも開きが良いため、見開き写真もこれまでよりもグッと見やすく、ページ数の多い冊子でも読みやすい冊子ができます。
PUR製本は、従来の製本よりも開きやすく、丈夫で長持ち。
新世代の無線綴じ製本です。

PUR製本5つのメリット

見開きでもノドが隠れません

PUR製本強度イメージ PUR製本は、綴じの糊部分に接着強度が高い「PUR系ホットメルト接着剤」を使用します。その接着強度は従来の2倍以上!
ページ数の多い冊子でも頑丈に製本することが可能です。
また、この接着剤はポリウレタン系のため、強度に加え綴じ部分の柔軟性も高く、ノドがよく開きます。


大きく開くのでページ数が多くっても開きやすく読みやすい!
PUR製本見開きイメージ

ページ数が多くても開きやすいので、これまでの無線綴じに比べると読みやすい仕上がりになります。
写真集や作品集、アルバム、カタログはもちろん、教材やテキスト、報告書といった文字中心の冊子や楽譜にも最適です。



環境に優しい

エコイメージ 従来の製本用接着剤は、不純物として古紙リサイクルの障害になっていました。
しかし、PUR製本の接着剤は、一度固まると高温の環境でも溶けないので、古紙回収においてパルプと100%分離が可能。日本印刷産業連合会の古紙リサイクル適正ランクリストで、最高のAランクに分類されています。
その他、従来の製本と比べ、加熱エネルギーが少なく、少ない接着剤で強度を高められるので、消費資源の軽減にも効果的です。
PUR製本は、省エネ・省資源の新しい製本方法です。


コピーが取りやすい


今までの製本では、ノド元まで開かないためにコピーを取りにくいのが欠点でした。
PUR製本の場合、ノド元まで開きやすいためにコピーがしやすく、影も映りません。
報告書や資料など、コピーをする機会が多い冊子にも最適な製本方法です。


PUR製本のコピー比較



耐熱性に優れ、長持ちする


PUR製本は長期保存できるPUR製本は温度変化に強く、長持ちするのも特徴です。
夏場の暑い車内に本を放置していても、接着剤が溶ける心配はありません。
マイナス30度からプラス100度の範囲で、冊子の形状を維持します。
今までの製本では、上記のような過酷な環境では、紙の引き抜けや、本の割れが発生する場合がありましたが、PUR製本は、そうした心配がありません。
糊の接着強度も高く、丈夫で長持ちする冊子を作れますので、
記念誌や学術誌など、長期保存する冊子にも最適です。



無線綴じ冊子のデータの作り方 ≫

PAGE TOP