インデザイン入稿ガイド

InDesign,PowerPoint, Word, Excel,Pages, Keynote で作成したデータは、あらかじめPDFに書き出してご入稿ください。そのままのデータ形式の場合は、弊社で変換後、お客様の校正(体裁の確認)が必要になります。

※トラブル回避、または納期短縮のためにも、PDFファイルへの変換してのご入稿をお勧めします。

InDesign はOSやバージョン間での互換性がないため、そのままご入稿いただくと対応できないことがあります。
そのため、あらかじめお客様にてPDF形式に書き出してから、ご入稿下さい。
また、書き出しの際は、下記の点にもご注意ください。

Adobe PDFプリンターを使用してPDF変換する方法 フリーソフトPrimo PDFを使用してPDF変換する方法
※Primo PDFはフリーソフトです。
Primo PDFでPDF変換すると全てのカラーがRGBカラーになります。
PDF生成前のレイアウトデータに、画像を貼り付ける場合は、CMYK、300dpi以上の画像ファイルを貼り付けるようにしてください。

■ 書き出しは「見開き」ではなく、「単ページ」で書き出してください。

■ トンボは、「内トンボ」「外トンボ」「センタートンボ」のすべてを書き出してください。

PDF形式に書き出す(Adobe PDFプリンター)

★OSやバージョンによって対応していないことがありますので、PDF形式に書き出してご入稿下さい。

手順1:ファイル>書き出し〕

手順2:書き出し>ファイル名をつけて保存〕

手順3:PDFを書き出し>一般を設定>見開き印刷のチェックを外す
※見開きではなく、単ページに書き出してください。


手順4:書き出しプリセットをPDF/x-1a2001に設定>トンボと断ち落としを設定>書き出し〕

PDF形式に書き出す(Primo PDF)

ソフトのインストールについてはこちらをご覧ください≫
手順はインストール後から説明します。

※Adobe PDFプリンターでは「トンボと裁ち落とし」の設定が可能ですが、
 Primo PDFの場合は設定できません。「塗り足しについて」をご覧のうえデータ作成をお願い致します。

手順1:ファイル>プリント〕

手順2:プリンタ>Primo PDFを設定>見開き印刷のチェックを外す>プリントをクリック〕
※見開きではなく、単ページに書き出してください。


〔手順3〕 プリプレスを選択します。
〔手順4〕 ファイルの保存先を指定します。
〔手順5〕 PDFの作成をクリックするとPDF変換し、手順5で指定した保存先にPDFデータが保存されます。

フォントはすべて埋め込みに

フォントがすべて埋め込みになっているか、PDFファイルを開いてご確認下さい。

手順1:ファイル>プロパティを選ぶ 文書のプロパティが開く〕

手順2:文書のプロパティ>フォント〕
下図のように、フォント名の横に(埋め込みサブセット)と書かれていれば、埋め込みできているフォントです。
すべてのフォントが、埋め込みできているかご確認下さい。

<!>フォントの埋め込みが出来ていない場合
該当するフォントの埋め込みをしてください。
フォントの埋め込みが出来ないフォントの場合は、埋め込み出来るフォントに変更していただくか、画像に変換してご入稿ください。

※フォントの埋め込みができていない場合、弊社でファイルを開いた際、文字化けなどが起こります。
弊社で文字化けの修正は出来ませんので、ご注意下さい。

必ずサイズの確認をしてください

サイズが原寸サイズになっているか、PDFファイルを開いてご確認下さい。

手順1:ファイル>プロパティを選ぶ 文書のプロパティが開く〕

手順2:文書のプロパティ>概要〕

下図の「ページサイズ」に表示されたサイズをご確認下さい。

Adobe InDesgin データを ご入稿の前に、下記の点を確認してください。

全ての項目を必ずチェックしてください。
   
PDFに書き出しましたか?

PDFに書き出した際、トンボはつけていますか?(Primo PDFの場合は不要)


単ページで書き出していますか? 見開きの状態で書き出されたデータは、印刷できない場合がございます。

データは原寸で作成していますか?サイズの間違いにご注意ください。

塗り足し3mmつけていますか?

■ 配置画像は解像度300~350dpiありますか?低解像度の場合は粗く印刷されます。

■ カラーモードはCMYKですか?(Primo PDFの場合はRGBになります。)

■ 変換したPDFデータにフォントの埋め込みはされていますか?
必ず変換後のPDFデータを開き、すべてのフォントが埋め込まれているかご確認ください。

PAGE TOP