冊子の用紙選び・スタッフおすすめの体裁

新しい無線綴じ「PUR製本」について

用紙選びに迷ったらご参考にどうぞ


論文や報告書、要旨集や抄録集、発表資料やプログラムといったように文字中心の冊子であれば、
表紙・本文を共にモノクロ印刷」と、「表紙はカラー・本文はモノクロ印刷」との2パターンが主流です。
そこで、それぞれに適したスタッフのおすすめの組み合わせ・体裁をご紹介します。

表紙用紙には色上質紙やレザックもご用意しておりますので、
ご希望の商品に合った用紙、組み合わせをお選びください。

表紙・本文ともにモノクロ印刷のおすすめ体裁


表紙・本文ともにモノクロ印刷(1)


表紙用紙 上質紙135kg
(用紙厚:0.175mm)
本文用紙 上質紙70kg
(用紙厚:0.095mm)
綴じ方 無線綴じ
(12p~150p)
サイズ A4

文字が中心なら用紙は上質紙がおススメ。
上質紙は鉛筆やボールペンなどで文字を書き込むことも可能です。

※40ページ以下なら中綴じ冊子もオススメです。


仕上がりイメージ

仕上がりイメージ

ご注文はこちらをクリック



表紙・本文ともにモノクロ印刷(2)


表紙用紙 レザック66(カラーが選べます)
本文用紙 上質紙70kg
(用紙厚:0.095mm)
綴じ方 無線綴じ
(12p~150p)
サイズ A4

レザック66は、表面がレザー(カーフ・仔牛の皮)風の素材で高級感のある人気の用紙です。
用紙の厚みは約0.230mmで官製はがき程度。

文字のみのデザインでも、シンプルですっきりした仕上がりとなるのでおススメです。

※40ページ以下なら中綴じ冊子もオススメです。


仕上がりイメージ

仕上がりイメージ

ご注文はこちらをクリック

表紙カラー・本文モノクロ印刷のおすすめ体裁


表紙カラー・本文モノクロ印刷


表紙用紙 マット紙110kg 【低光沢】
本文用紙 マット紙70kg
綴じ方 無線綴じ
(12p~150p)
サイズ A4

マット紙は、表面につや消しのためのコーティングが施された用紙です。着色効果が高く、彩度もあまり落ちませんが、低光沢のために文字などが読みやすくなります。



基本は文字中心、でも画像もそれなりの数がある、
または表紙のカラーに彩度を求めたい方におすすめです。
ページ数が少なめで、手にした時の強度や重厚感を 持たせたい時は本文を90kg、 表紙を135kgにするのもおススメです。

※40ページ以下なら中綴じ冊子もオススメです。


仕上がりイメージ
仕上がりイメージ

ご注文はこちらをクリック

PAGE TOP